矯正装置に違和感はないの?

違和感の少ない裏側矯正装置~舌側矯正~

矯正装置にはさまざまな種類がありますが、歯に人工物を装着することには変わりありません。そのため、慣れるまでは少なからず違和感を覚えることがあるものの、最近ではこのような課題を克服する装置が多数登場してきています。こちらでは、赤間駅から徒歩30秒、福岡県宗像市・古賀市の歯医者「はなおか矯正歯科クリニック」が、違和感の少ない裏側矯正装置「舌側矯正」についてご紹介します。

舌側矯正とは?

舌側矯正とは、歯の裏側(舌側)に取り付ける矯正装置です。表側に装置を取り付けるマルチブラケット方式と異なり、正面からのぞいてもほとんど装置が見えません。しかし、繊細な感覚を持つ粘膜に触れる場所に装置を取り付けるため、既成品を組み合わせた裏側矯正装置には違和感があるという声が多くありました。

このような問題を、CAD/CAMシステム(コンピュータ上で設計する仕組み)によって克服したのが舌側矯正です。一人ひとりの患者様の口内データからカスタムメイドで装置をつくるため、違和感の少ない裏側矯正(舌側矯正)が実現します。

舌側矯正のメリット
  • カスタムメイドの精密装置なので、装着時の違和感が少ない
  • 舌側に取り付けるため、正面から見ても装置が目立たない
  • ワイヤーの調整に無駄がない装置なので、治療期間が短縮できる
  • 高純度金合金のため、金属でありながら金属アレルギーの心配がほとんどない
  • 舌側は唾液が循環するため、虫歯になりにくい

舌側矯正の特徴

舌側矯正の特徴

舌側矯正には、他の矯正装置と比較すると多くの違いがあり、それらは大きなメリットとして受け入れられています

装置の違和感

個々の患者様のお口に合わせてつくられていることに加え、非常に薄い構造をしているため、装着時の違和感が少なく、通常の舌側矯正装置よりも早く慣れることができます。

一回の治療時間短縮

舌側矯正では、患者様ごとに調整時のワイヤーがすでに作製されており、少ない時間で調整が完了します。そのため、一回の通院・治療でかかる時間を短縮することができます。

装置の脱離リスク

舌側矯正は歯に装置を接着させる面積が広いので、「装置が外れてしまった……」というトラブルがほとんどありません。

虫歯のリスク

装置を装着する舌側は唾液が回りやすいことから、治療中の虫歯リスクが低減されます。もちろん、歯の表面には装置がありませんので、ブラッシングも楽に行えます。

金属アレルギー

舌側矯正の装置に使われているのは、純度の高い金合金。生体親和性が高く、アレルギーを引き起こしにくい物質のため、金属アレルギーのトラブルが起こりにくいのもメリットです。

矯正装置の見た目が気になる

  • どの医院に矯正治療を頼めばいいのかわからない
  • 高い費用がかかりそう
  • 装置の見た目が気になる
  • 矯正当地の違和感に悩まされそう
  • 矯正治療におけるデメリットはないのか

  • 矯正治療の必要性
  • 子どもの矯正・大人の矯正
  • 治療の流れ
  • 費用について
  • Q&A

診療時間

歯科タウン

オフィシャルサイトはこちらから