矯正は費用がかかりそう

気になるお値段~矯正治療の費用はどれくらいかかる?~

イメージ画像

矯正治療を検討されている方にとってもっとも気になるのが、治療費ではないでしょうか? 一般に歯列を整える治療の場合、健康保険が適用されない「自費診療(自由診療)」となるケースが多く、高額な費用を前に治療をためらっている方もいらっしゃるようです。こちらでは、赤間駅から徒歩30秒、福岡県宗像市・古賀市の歯医者「はなおか矯正歯科クリニック」が、矯正治療の料金に関する仕組みについてご説明します。

矯正歯科治療の料金の仕組み

保険は適用されるのか

イメージ画像

歯並びを整える矯正治療では、通常、健康保険は適用されません。そのため自費診療となり、歯科医院によって治療費の料金体系が大きく異なってきます。ただし、「口蓋裂や口唇裂などの先天的な咬合機能」「外科的治療が必要な顎変形症」などに該当するケースでは健康保険が適用されますので、歯科医師に相談してみましょう。

実際にかかる費用は……?

イメージ画像

実際にかかる治療費は、患者様のお口の状態や採用する治療方法・装置、医療機関の料金設定によって異なります。

具体的な金額で参考例を申し上げるなら、保険が適用されないケースでは、初診から保定(治療後に矯正した歯列がもとの悪い状態に戻らないようにする処置)までトータルで「70~100万円」くらいが一般的な総額となります(上下顎を表側矯正で治療した場合)。ほとんどの医療機関では、治療開始前の相談時に治療費の見積もりを出してもらえます。見積もり金額の総額だけでなく、明細の内容(内訳)や追加料金の有無などもしっかり確認しておきましょう。

費用の目安とQOL

イメージ画像

先に、治療費の目安として総額で「70~100万円ほどかかる」と申し上げました。この金額を単体で見ると、決して安いものではありません。しかし、お口は体の入り口、全身の状態を左右する大切な器官です。食事や会話を快適に行うためには、歯の健康は欠かせません。また、歯やお口の健康は全身の健康にも影響を与えるため、QOL(Quality of Life)=生活の質を考えたときに、重要な役割を担っていることがわかるかと思います。

人は10代になる前から歯を失ってしまうまで、毎日自分の歯(永久歯)を使って食事をすることになります。その時間は短く見積もってもおよそ60年。この先、悪い歯並びを気にしながら、生活するのと、矯正治療によって健やかな口内環境を手に入れ、快適な生活を送るのとではどちらが自分にとって幸せなのかを考えてみましょう。1日当たりの費用を考えると、長い目で見れば矯正治療の費用は決して高いものではありません。

矯正治療の費用シミュレーション

【仮に100万円で矯正治療をする場合】

治療開始時期 矯正治療後の使用年(A) 日数 365日×(A)年 1日当たりの費用
10代 60年 21,900日 45.66円
20代 50年 18,250日 54.79円
30代 40年 14,600日 68.49円
40代 30年 10,950日 91.32円
50代 20年 7,300日 136.98円

10代のうちに矯正治療を行った場合、1日あたりでかかる費用はわずか46円程度にしかなりません。この負担で食事を楽しめたり、正しい発音ができたり、見た目を気にせず笑えたりできるようになるのです。さらに、正しいメインテナンスを行っていれば、虫歯や歯周病の治療にかかる費用も抑えることができるでしょう。上記は単純計算ではありますが、生涯にわたってよりよい生活を送りたいなら、お早めに矯正治療をご検討いただくのが望ましいといえます。

費用について

  • どの医院に矯正治療を頼めばいいのかわからない
  • 高い費用がかかりそう
  • 装置の見た目が気になる
  • 矯正当地の違和感に悩まされそう
  • 矯正治療におけるデメリットはないのか

  • 矯正治療の必要性
  • 子どもの矯正・大人の矯正
  • 治療の流れ
  • 費用について
  • Q&A

診療時間

歯科タウン

オフィシャルサイトはこちらから