ドクターインタビュー

院長・花岡健太郎から皆様へのメッセージ

対話を通じて患者様の気持ちを汲み取り、その方に合った最適な矯正治療のご提案を差し上げたいと考えています。

矯正歯科医師として思うこと

美しい歯並びはつくれるものです。テレビや映画、雑誌などで見かける欧米の俳優・モデルなどを見ると、歯並びが悪い人はほとんどいません。かの地においては、歯並びの美しさは当然整えておくべき身だしなみのひとつとして捉えられ、多くの人が矯正治療で歯並びを整えています。国際社会において、美しい歯並びはもはやマナーであると言っても過言ではありません。

毎日のブラッシングなどでしっかりデンタルケアを行っていても、歯並びが悪いと磨き残しができてしまいます。せっかくの時間をかけたお手入れが、むし歯や歯周病の予防になかなかつながらないと嘆く患者様も珍しくありません。そうしたさまざまな問題を引き起こしがちなのが、歯並び・咬み合わせの乱れなのです。

矯正治療で問題を根本から解決できれば、日々の生活も楽により充実したものとなります。お悩みを解消するためにも、またQOL(Quality of Life=生活の質)を高めるためにも、矯正治療を重点的に学んできた歯科医師として、もっと多くの方に矯正治療という効果的な方法をアピールしていきたいと考えています。

診療にあたって配慮していること

2年や3年といった長い時間を必要とする矯正治療は、歯科医師だけで完結することができる治療ではありません。治療を途中でやめてしまうのは非常に簡単ですが、しっかり生えている歯(永久歯)を少しずつ、少しずつ動かしていくには辛抱強さが必要で、患者様と歯科医師が二人三脚で根気強く進めていかなければなりません。

そのため当院では、患者様のお話を親身になってうかがうことを大切にしています。お悩みを抱えた患者様としっかり向き合えるよう、完全予約制を採用してカウンセリングの時間をたっぷり確保。対話を通じて患者様の気持ちを汲み取り、その方のライフスタイルに合った最適な矯正治療のご提案を差し上げたいと考えております。

矯正治療に関心がある方へ伝えたいこと

私はいつも患者様に、「歯を丁寧に磨くこと」「きちんと歯科医院へ通っていただくこと」「矯正器具を適切に扱っていただくこと」の3点をしっかり守っていただくようお願いしています。これら3つのうちどれかが欠けても、十分な治療効果が見込めないからです。

矯正治療は、期間も費用もかかりますし、慣れないうちは痛みが出るなど、つらいと感じる場面がたくさんあります。しかし、それを乗り越えてこそ、美しい歯並び、健康的で快適な口内環境が実現するのです。矯正治療で得たよい歯並びは一生ものです。患者様が笑顔を取り戻すために、私たちがしっかりサポートします。歯並びのことでお悩みなら、どうぞ当院へご相談ください。

院長・花岡健太郎の経歴

私はこんな人間です
私はこんな人間です
1996年 福岡歯科大学 卒業
1996~2002年 九州大学 歯学部 矯正科 入局
2002~2005年 一般歯科勤務
2003年 日本矯正学会 認定医 取得
2005年 はなおか矯正歯科クリニック 開院
2010年 博多メディカル専門学校 歯科衛生士科 臨時講師

矯正認定医とは?

矯正認定医とは、「日本矯正歯科学会」に認められた矯正を専門で行う歯科医師のことを指します。矯正歯科治療に関して適切かつ十分な学識と臨床経験を有し、この目的を遂行できる矯正歯科医に与えられる資格です。日本矯正歯科学会は、矯正歯科医療の水準維持・向上を図り、より適切な医療の提供を目的として1990年に創設されました。

認定医資格の付与条件には、次のようなものがあります

  • 5年以上日本矯正歯科学会の会員であること
  • 学会指導医の下でさらに5年以上矯正歯科に専門的に従事すること
  • 学会誌にオリジナル論文を発表すること
  • 学会の定める試験に合格すること

これらの条件を満たし、かつ審査に合格した者に「認定医資格」が与えられますが、更新は5年ごとに行われ、学術大会への出席や発表、および学術誌での報告が義務付けられています。当院の院長はこれをクリアし、現在も矯正認定医として皆様の治療にあたっています。

どこの歯医者で矯正すればいい?

  • どの医院に矯正治療を頼めばいいのかわからない
  • 高い費用がかかりそう
  • 装置の見た目が気になる
  • 矯正当地の違和感に悩まされそう
  • 矯正治療におけるデメリットはないのか

  • 矯正治療の必要性
  • 子どもの矯正・大人の矯正
  • 治療の流れ
  • 費用について
  • Q&A

診療時間

歯科タウン

オフィシャルサイトはこちらから